Makeblock認定 mBot マスタートレーナー育成セミナー 会場 札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡 受講者募集中

ホーム > セミナー > 2017年12月1日~3日 Makeblock mBot マスタートレーナー育成セミナー 【東京会場】

2017年12月1日~3日 Makeblock mBot マスタートレーナー育成セミナー 【東京会場】

◆セミナー内容

【第1日目】

〈午前〉
・Makeblockの沿革、企業情報の紹介
・STEM教育について
・Makeblock社公式書籍 第1章~第2章 組み立ての注意点とプログラムとは

〈午後〉
・Makeblock社公式書籍 第3章~第7章 基本操作からmBotのセンサーや機能の確認

【第2日目】

〈午前〉
・Makeblock社公式書籍 第8章~第10章 超音波センサー、ライントレースセンサーを使った走行の確認

〈午後〉
・Makeblock社公式書籍 第11章 グループワークにてタイルコースゲームの進め方
・iPad&Androidタブレットのアプリケーション操作の確認
・拡張モジュール、パーツの確認

【第3日目】

〈午前〉
・学科試験&実技試験

〈午後〉
・模擬授業試験

◆1日目・2日目タイムテーブル

09:30:開場
10:00:講座開始
13:10:昼食
17:10:講座終了
17:20:質疑応答
18:00:閉会

◆ 3日目タイムテーブル

09:30:開場
10:00:学科試験
11:00:実技試験
12:00:昼食
13:00:模擬授業試験
18:00:閉会

◆定員

12名 ※申込みエントリーシートにより選考の上、11/24(金)迄にメールにて参加の可否を通知いたします

◆参加費

無料

◆参加申込み受付期限

2017年11月22日(水)18時

◆事前学習内容

参加者は、Makeblock社公式書籍「mBotで楽しむ レッツ! ロボットプログラミング」に記載されている内容を理解し、mBotの基本操作(プログラミング含む)が行えることが前提です。

◆持ち物

①Makeblock mBot V1.1-Blue ※製品に付属の専用ドライバー、ケーブル、予備パーツ類等も含む

②ノートPC ※Windows OS、Mac OS どちらでも構いません

③FOM出版発行のMakeblock社公式書籍「mBotで楽しむ レッツ! ロボットプログラミング」

④筆記用具

⑤ご本人様を確認できる書類 ※運転免許証、パスポート、社員証、学生証、被保険者証など

◆注意事項

・本セミナーは3日間を通しての開催となります。全日出席できない場合は参加できません。

・参加者は当日、15分前までに会場にお越し下さい。

・認定資格試験は、午前中に学科試験とプログラミングの実技試験、午後は実習形式の実技試験を行います。

 午前中の試験結果によっては午後の試験を受けられないこともありますので予めご了承下さい。

・mBotを使う際に必要な単三電池は参加者自身でご用意下さい。 ※mBotの想定使用時間は約15時間

・ノートPCにはMakeblock社の「mBlock」最新バージョンをインストールしておいて下さい。

・ノートPC はWi-Fi及びBluetoothが利用できることを事前にご確認下さい。 ※Wi-Fi環境は会場にて用意

・受講中は携帯電話の使用はできません。事前に電源をお切り下さい。

・お水やお茶などを持参し、受講中に飲料することは可です。 ※ペットボトルなどフタ付きに限ります

◆参加資格

参加者は以下に当てはまる方を対象としています。
① 講師経験3年以上であること
② 教育機関または教育サービス事業者に所属していること
③ PCやプログラミングの基礎知識を保有していること
④ 受講日当日までにmBotの基本操作ができていること ※公式テキストに記載されている内容が理解できていること
⑤ 受講日より3ヶ月以内にmBotの授業またはワークショップを実施できること
⑥ 受講日より6ヶ月以内にmBot認定トレーナーを3名以上育成できる見込みがあること

◆アクセス

東京都千代田区外神田6-3-8 Greiz AKIHABARA Bldg.4階
(エレベーターで4階にお越しください)